沖縄 釣り まくり  

沖縄の磯フカセ釣り、慶良間遠征・エギングをメインにポイントや道具など、実際に使用した物、釣行を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参った。

明日、仕事になりました
宜名真の駐車場下に、行く予定だったのに・・・。
残念です。
駐車場下、3年前位に1度だけ行った事が、あるんです。実は。10月に。
独りで。しかもお昼の10時過ぎにです。するるを1パック(¥390)だけ持ってから。
アホでしょ?
下に降りて、するるを3匹マキマキしてタックルの準備をして、第一投で強烈な引きを味わう。
その時の竿は、3号に道糸・ハリス共に5号でしたから、かなり強気にやり取りをする。
約10分位かな?揚がって来たのはガーラでした。
ここからです。地獄を味わったのは。本当に人生を諦めかけました。
熱中症なりかけだったんです。
10m歩くのに30分程かかり、ロープの所まで小1時間。
ソテツの木に、もたれ掛り2時間。気を失う様に眠りました。
実釣は、20分。駐車場に上がったのは、15時過ぎでした。
魚を担いで、やっと思いで辿り着いた車の横で、大の字になり空を見て「助かった~」と
息を吹き返す。
しばらく大の字で過ごしていると、おばぁ~が「大きいの釣ったねぇ~、なんねぇ~」と来たので         「分からないさぁ」と返答すると、「だぁ~」と、美海水族館の下敷きを持って来て魚と見比べている。
「まぐろだねぇ~。上等さぁ~」と「おじぃ~も、下に居るけど釣ってこないかねぇ~」と・・・。
長々と、思い出を書いてしまいましたが、要は水分補給と乾燥梅干しは磯に持って行きましょうと
言う事です。
乾燥梅干しは、マジで効果あります。絶対に試してくださいね?
ちなみに、このガーラが9キロオーバーでした。    以上。
なんの話やらでした。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。